自分のための予備校〜選び方〜

予備校に通っていました

予備校 合格ラムス予備校[RAMS]

 小学校から中学校、中学校から高校、高校から大学と日本では入りたい学校に何もせずに入れるわけではなく、受験という学力調査を経て頭の良い順に選ばれ、その学校に通うことができます。
だから、日本で進学をするためには勉強を効率良く行うために予備校に通う子供がとても多くなってきています。
しかし、どこでも予備校に通えば良いということではありません。
自分に一番合う勉強の仕方ができる予備校に通うのが重要です。
それでは、どのような予備校に通うことが一番良いのでしょうか、その選び方について私の体験を踏まえてお話します。
 私は高校受験、大学受験のために予備校に通っていました。
 中学時代に通っていたのはクラス制で難関校と超難関校の二つのクラスに分かれたところでした。
このような体制のところでは、あまり勉強が得意でなかったとしても日々の簡単な小テストなどの成績が貼り出され、友人と競い合うということもできます。
また、優秀な成績をとり続ければ、景品なども貰え、みんなからの祝福もあり、達成感を感じることができます。
そして、何よりもクラスで学んでいるのでわからないところを教え合ったり協力することができます。
他人に教えるということは自分が100%わかっていないとできないことなので、これはクラス制ならではの特色だと思います。

予備校に通っていました高校時代には個別制の予備校に通っていました浪人生の存在